04 Apr 2013

Jekyll インストール時にはまったこと

jekyll環境の再構築

以前、デスクトップマシンにjekyllを使える環境を構築したのだが、ある理由で ノートPC(windows 7)に構築することになった。 その際、以前は嵌らなかった落とし穴に引っかかったので、それについて書いておく。 ここではjekyllのインストールを比較的、スムーズに行うことを目的とする。 別の目的には別に適した環境があると思うのでそれについては適宜選択のこと。

Rubyインストーラ

Rubyの環境を構築するにあたって、gemでダウンロードしたモジュールはインストール時にコンパイルが必要となる。 そのコンパイラを何にするか決めてから、ダウンロードするRubyインストーラを決める必要がある。 コンパイラには主に2つの選択肢があって

結果的にはruby installer + dvkitの組み合わせで

gem install jekyll --platform=ruby

でインストールできたかに見えた。

rdiscount

しかし、実際にjekyllを使ってみると「rdiscountが入っていないよ」とエラーが出る。 (rdiscountがおそらくはマークダウンを解釈してくれるエンジンと思われる。) そこで早速

gem install jekyll

をしてみたのだが大量のwarning と windef.h にerrorがでてコンパイルできなかった。 最後に

make: *** [rdiscount.o] Error 1

こんなのが出る。 いろいろと調べてみると最新版のrdiscountが壊れているとの記述を発見。 入れようとしていたのは2.0.7.1。 とりあえず以前デスクトップで動かしていたバージョン(1.6.8)をインストールすることでようやくjekyllが通った…。

gem install rdiscount -v 1.6.8

やれやれ。